ハイヒール

内反小趾の原因はハイヒールにあった|足を守る秘訣

記事一覧

女性ホルモンのバランス

婦人

女性なら誰しもが閉経を経験しますが、これによって女性ホルモンのバランスが崩れてしまいます。分泌量を増やすためにはコントロールに役立つグッズを購入したり、改善方法を身につけておくと安心です。

詳細を読む

髪を綺麗にする方法

レディ

シャンプーを使用するより多くの汚れを落とせる湯シャンは、頭皮の状態を健康的に改善する方法として最適です。余計な刺激を与えず皮脂などを洗い流せるため、ヘアケアに相応しいと言えるでしょう。

詳細を読む

骨盤の歪みを治す

妊婦

妊娠や出産によって骨盤が開きっぱなしになると、腰痛や肩こり、または冷え性を悪化させる原因になりかねません。産後に最適なガードルを利用し、普段の生活の中で骨盤矯正を行なうことが最適です。

詳細を読む

外反母趾とは対照的な症状

足

痛みで靴が履けないことも

外反母趾は女性に多く見られる症状ですが、それとは対照的な症状なのが内反小趾です。足の小指が内側に変形していってしまうもので、外反母趾と同時に発症することもあります。かかと回りの骨格が崩れてしまうと足の裏のアーチが無くなってしまい、扁平足と呼ばれる足の甲が平らに広がった状態になってしまいます。内反小趾を発症する人は扁平足となっていることが多く、つま先の細いパンプスやハイヒールを履くことが多い人の場合には徐々に症状が進行してしまうことがあります。最初は指の変形で見た目が悪くなってしまう程度の症状ですが、進行していくと痛みが酷くなってしまい靴を履くことも出来ず歩くのも困難になってしまうことがあります。

サイズが合った靴選びを

放置しておくとやがて痛みで歩くことも出来なくなってしまう内反小趾ですが、サイズの合った靴を選ぶことでその症状を改善することが出来ます。サイズの合っていない靴を履いていると、つま先が締め付けられてしまったりヒールカウンターがしっかりしていないためにつま先に荷重がかかってしまって内反小趾を悪化させてしまうことになります。そのため、内反小趾を防ぐには無理な力がかからない自分に合った靴を選ぶことが大切なのです。特に症状が進行している人の場合には骨格の崩れを矯正することが出来る特殊なインソールを使用することで、かかと回りの骨格を安定させてつま先にかかる負担を軽減することが出来るので内反小趾の症状を改善することも出来ます。